初夏の候(完成)

⚠️注意⚠️

サウンド・システムのトラックはブロガー本人が記事の内容と相違がでないよう、

毎時厳密に精査してアップロードが反映されています。

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519220933j:image

 

サウンド・システム


Super Bomberman 2 - Battle 3 (Cover) - YouTube


MEMODEMO - E-Nomaly - YouTube


rhythm game song 2 - YouTube


IPOD_SHUFFLE_MIX_2009 - YouTube

 

 

続き

このマゼラアタック企画いつ終わるんやこれって感じなんですけどね

ズルズルやるのもアレなんで今回でなんとか終えます

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519003650j:image

前回はリベット切除まで触れました

あとちなみに平刀でやるとパーツに無理な力がかかって白化するリスクあるので、

やるなら粗めヤスリでジョリってやるのが結果的に早かった

 

 

今回はそこを重点的にヤスリがけです
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519003441j:image

こんな感じで傷口から全体へ馴染ませていきます

 

V字溝にあった凸モールドのリベットも綺麗にしていく
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519024509j:image

地味にヤスリが入れにくくてやりにくい箇所

 

 

上のドップの主砲もパーツにヤスリを巻いてクルクル回して合わせ目を処理
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519024613j:image

ここはやりやすくて楽しい

あとこのプラモ最初からプラが曲がっててただ張り合わせても砲塔が曲がるので、

手で矯正しながら接着すると良いですね

 

 

今回は改造等特殊な事をせずに基本に忠実にマゼラアタックを作りたい

全体的にもヤスリが必要な箇所が増えてきたので、最終的な見栄えを考えたら色ムラがちょっとビミョい

なので仕上げトップコートの効果や実力を測りたい
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519024709j:image

マゼラアタックの要らないランナー棒を用意して上から段階ごとに傷を付けたやつを用意

ただのランナー(傷無し)

ヤスリ箇所(傷微小)

ヤスリ箇所(傷大)

色ムラ見る為にとりあえず3段階で用意した

 

 

庭(ベランダ)へ出て先程のランナーへ半艶トップコートを振り掛ける
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025000j:image

これによってヤスリがけした小傷が綺麗に消えるのか?

 

現在の状況
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025108j:image

やはり白い

 

トップコート塗布後

おー!
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025132j:image

まるで最初から傷が無かったかのように消えるぞ!

 

 

という事で検証の結果

思い切りマゼラアタックの全体のヤスリがけに専念できます
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025226j:image

この際気になる箇所全体的にやっちまおう

 

 

一応ヤスリかけした箇所とそうでない箇所を馴染ませるために全体的に満遍なくヤスる
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025304j:image

これでトップコート後の色ムラを極力抑えられるハズだ

 

トップの部分もやる
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519025406j:image

全体的に凹モールドのラインがいっぱいあって何かしでかしたら確実にモールドがやばい

扱いは慎重に

 

 

まずは後ろのバーニア?付け根の合わせ目が汚すぎるのでガッツリヤスる
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519030202j:image 

 

 

ヤスリました
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519030309j:image

今出来ることの限界

それなりに綺麗

 

 

なんか面倒なってきたのでこれ以上あんまり手間を掛けたくないな
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519030500j:image

多少荒っぽいけどもうトップコートかけたい

マゼラトップだけに

 

現段階ではまぁまぁ良い感じ

原型を遵守したプチ工作

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519030553j:image

合わせ目が出ないだけでもチープな玩具感無くせていいっすね

あと量産兵器なのに綺麗すぎるのもどうかなと思うけどとりあえず素組みでいいか!(テキトー)

リベットも工作の都合上無くなっちゃったけど、良くも悪くもデザイン面で見れば多少スッキリもしましたね

 

 

トップのバーニアパーツ
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519160609j:image

片方にバーニアが4基

計8基のヤスリがけ

 

あまりに小さい
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519160714j:image

そこで魚串です

ちなみに魚串が個人的にプラモの筋彫りツールに仕様していて先端硬度的にかなり適してると考えてます

PSもKPSもサクサクよ

 

ほんとーに小さい
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519160817j:image

細かい作業を続ける時に背中を丸めやすい

ので腰痛爆弾が悪化します

 

 

合計8個をバーニア部へアロンアルファで点付
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519160859j:image

地味に嫌な作業でしたが取り付けてみると作業したなっという達成感があります

 

 

続いてはマゼラベースの後方に設置してあるパイプ的なもの
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161013j:image

コイツがかなり厄介

 

 

とりあえずランナーにつけたまま持ち手としてパーティングラインや表面処理しようにも微妙にやりにくい

仕方なしにニッパーでゲートから切り出す
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161056j:image

デザインナイフでカンナがけした後にスポンジヤスリで優しく擦る

細い…持ちにくい…かなり細いの三凶

 

 

パイプをそのままベースへ取り付けようにもサイズがまず合ってないのでカットしながらの微調整

(取説にはそんな事は書いてない)
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161159j:image

アロンアルファで点付固定

あとここ何回も取れるんです…笑

 

 

全体的なパーツ構成は6パーツ(キャタピラ含む)
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161436j:image

実直に作りながらもやっとここまではできた

 

 

マゼラアタックと言えばザクタンク姿も見たいのがガンダムユニットファンとしては思うものだ
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161532j:image

過去作のザクを持ってきて改修型ザクタンク風事例を作ってみたが、

長距離支援型ザクタンクとして見ればまぁまぁ悪くないのでは?

ぶっちゃけこっち路線へ変更しても良いなとも思ってしまったが今回は我慢

あとタンク部がスケール的にすこし小さく見えるが一応同一の144分の1スケール

 

 

ちなみにマゼラトップ砲というザクの手にに持たせる為のグリップパーツが付属

今回は生憎使いませんでした
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161759j:image

我が家のジャンクパーツ倉庫行きです

 

 

部分的に狭くてヤスリが入りづらかった箇所は表面処理以前に表面がガサガサし過ぎていたので、

うすめ液でプラ表面を犯しつつ溶かして表面処理もする
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519161903j:image

ちなみに見た目だけの馴染みを良くする為の工作ですが、

ぶっちゃけこの方法はあまり人へオススメは出来ません

なぜならプラが溶けるし色素も滲み出るし角も少し丸まるので

 

溶剤を拭き取ってる際にここでまたパイプが離脱
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162053j:image

接着面が小さすぎて脆すぎるわココ

本当は真鍮線とかに置き換えたい所だけど丁度良いのを持ち合わせてなかったので、

今回のレギュレーション通りに無改造でいく

 

 

庭でトップコート

またいちごが実になってました
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519164336j:image

ヘルシーオイシービタミンC
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519164358j:image

 

 

もちろんいちごに害が出るのでスプレーは離れた位置で
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162223j:image

よく見たらつや消しトップコートでした笑

本当は半艶が欲しい

 

 

ベースのボディへ吹いてみた
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162258j:image

思ったよりかなーりホコリ食ってます笑

やっぱ塗装は良いブースとかの環境を用意してやるべきだねと悟った

 

 

その他パーツもトップコート
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162412j:image

流し込み接着した箇所の顔料が溶けて染みだしてるのやっぱ目立つなぁ…と少し残念な顔になりました

 

残念な顔のままヤニカスタイム
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162545j:image

今日は天気が良くてよく乾く

 

 

さぁ乾きました組み立てです

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162639j:image

と置いた衝撃でまたパイプがポロリ!…笑

これ明らか設計ミスやろ!との設計者への怒りと

自分の接着剤の付け方が悪かったのかと悶々としました

 

 

まぁそんなこんなでマゼラアタックのそのまんま仕上げの完成です

組み立ててみると案外カッコイイですな
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162747j:image

 

度々崩壊する憎いパイプだけども、

あるのとないのとではリアリティに差がでる
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162835j:image

 

上側から見たトップは一見綺麗風に見えるけど、実は下から見ると相当汚いです

だって合わせ目が未処理ですもの
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519162953j:image

あとこのキット砲塔部を首振り旋回出来ないのは辛い

初めからそういう設定なのか?

 

やはり好きなのはリアビュー
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519163116j:image

砲塔の角度でだいぶ表情が付けられます

と言っても動くのそこくらいやけども

 

あの弱いマゼラアタックなのにどことなく強そうに見えるのは、

それなり頑張って作ったからなのかな?
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519163135j:image

 

また触ってるうちにパイプがポロポロ取れる前にとっととテレビ台に飾りました
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519163252j:image

ファミリーパンチ

迎え入れようとするとまずトップとパイプが吹き飛ぶ軟弱者タンクです

扱いは慎重に繊細に

 

 

以上でマゼラアタックのプラモ制作は終了です
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20220519163407j:image

完成してみた感想は

・時間があった割に急ピッチで作業を進めてしまった為に荒いし雑い

・流し込み接着剤は簡単で接着時間が省ける分、扱いやがやや難しい

・塗装ブースを導入できるチャンスがあったら欲しい

以上

 

取説はいつも通りファイリングします(読み返さない)