ファンシーカントリーオジサン’s blog

アウトドアライフスタイル玩具ミュージックカントリーエンターテインメント

パチモンよりホンモノ思考

正真正銘のホンモノを買う男(正男=まさお)

ついに最高峰へ辿り着いてしまった

ファンシーカントリーおじさんです



f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022042547j:image

 

サウンド・システム


Måneskin - Beggin' (Lyrics/Testo) - YouTube


Whitney Houston x Clean Bandit – “How Will I Know” (Lyric Video) - YouTube


THEME FROM LUPIN Ⅲ 2021 - YouTube

 

また誘われるかのように仕事合間にアウトドアゴミ沼ガチャまた回してきた

というのも前回のガチャから2名程1等のA賞が排出されたからである

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022105816j:image

色はイイ。でもなんやこれぇ…ゴミぃ

 

ではなかった

おそらくペットボトルストラップだが私のアルコールスキットルに付けたらなんかそれっぽい感じに

いつも親父のウィスキー拝借して自分のデスクで飲んでてごめんね
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022105947j:image

腰にいつもウィスキーぶら下げてるアル中依存おじさんの完成!

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022110107j:image

これ回す蓋の所にキーホルダーの輪っか繋げてるだけで取り回し最悪だけど、

スキットルの方の根元で接続方法考えてちょっと加工しちゃう事なるけど、

そしたら抜群に取り回しは良くなりそう

スキットル加工しちゃう勇気まだないけど笑

 

 

今回は新たに買った&持っているアウトドアチェアの比較です

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022094501j:image

左から、❶セカストで買った安いコンパクトチェア、❷エルブレスで買った安いバンドックのコンパクトチェア、❸今回買ったヘリノックスグランドチェアです

ちなみにヘリノックスとはこんなサイト


Helinox(ヘリノックス)公式サイト

 

 

厚みや体積の比較
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022094601j:image

❶セカストコンパクトチェアは流石に細い。カバーなんて要らないしとっくに捨ててる模様(いちいちケースに戻すのだるくて笑)

❷バンドックはそれなりに膨らんでいるサイズだがこれでもコンパクトな方。だが、バックパックの内容量を結構圧迫する。

ケースは伸縮できる紐付きでハンドバッグ風や肩掛けバッグのような使い方もできて、

シーン別で使い分けできて勝手が良かった

❸ヘリノックスは流石に元祖なだけあってコンパクトでシンプルな巾着袋。

サイドジッパーも出し入れしやすいので出来れば採用して欲しかったがこれも軽量化のためだろうか? 撮影する時に中の布生地が膨らんでいた為太く見えるのだが、内容物もう少し潰れてシャープなため実体はもう少し小さい

 

 

重さの比較

❶まずはよく分からん「Blue Hour」ってブランドから
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022094626j:image

調べたらコスパのいいキャンプグッズを幅広く作っている日本企業のメーカーさんでした

 

圧倒的な軽さの354グラム
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022095109j:image

構造自体シンプルなチェアだしジュラルミン製(アルミの仲間)も相まってやっぱり軽い

これ安かったけど持ち出す時に軽さと手軽さが良いから、

いちいち重さで憂鬱にならないから好きで快活的に今も使ってる

 

 

❷バンドック

重さはERROR(一応ネットで調べたら約1.9kg)
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022100538j:image

構造は昨今流行りのようなケツを包み込むような形で、素材は合金鋼だからやっぱり鉄だな…て感じるくらいのちょっとズシッとくる重さ

本体太さに見合った重さという感じ

ベルトでガシッと掴んでワイルドに持っていくイメージ

 

 

❸ヘリノックス

脅威の655グラム
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022101504j:image

バンドックの形と似ている(こっちが本家やが)椅子なのに3分の1の重量。これは驚異的に軽い。

素材は合金らしくアルミやチタンや銅を配合した独自のものらしく軽さの秘訣はコレ

見た目の割に軽過ぎるから「俺今ホントに椅子持ってんの?」て思う時がある

だんだんこの感覚も薄れていくんだろうなぁ…慣れってこわいなぁ…

 

 

展開イメージ

❶ブルーアワー
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102023j:image

必要にして最低限。耐荷重は70kg

構造がシンプルながら今まで何回か使ってみても壊れる気配もなし

張り材(座面の布)の四隅がちょっとだけ破れそうで怪しいくらい

でもカラーリングのバランスはかなり好きな系統で結構今でも好きで使ってます

 

 

❷バンドック
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102107j:image

2番目に買ったチェア

なかなかハードに使ったせいか

フレームを連結するショックコードは伸び、フレーム結合部パーツにヒビが入り、脚先の保護パーツは割れてフレームが貫通した

張り材だけは健在で色味やデザインは好きでした

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102451j:imagef:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102503j:image

 

構造上仕方ないのだがそれなりにゴツイ結合部
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104534j:image

ゴツイ割に耐荷重は低めの80kg

 

フレーム太さ16mm。一般的なフレームの太さだろうか
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102838j:image

 

 

❸ヘリノックス

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102143j:image

今回買ったおそらく今後のキャンプの決定版だろう椅子

座面タイプも深い座り心地の地面にさらに近いロータイプのグランドチェアf:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104228j:image

脚を地面に投げ出したり伸ばしたりして楽にどっぷりと座れる感じだろうか

 

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102714j:image

心配だった地面の設置するフレーム結合部
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104831j:image

点で支えるというより面であるので、座る度地面へ埋まっていく椅子みたいな事は心配しなくてええんやろか?

こんな元から座面低いローチェアで埋まっていったらもう座椅子でイイじゃんってなるし…笑

長く愛用する予定なので傷防止策を今後考えていかないとな

 

フレーム太さ13mmないし12.5mmくらいか?

とにかく細いのでそれが軽量化にも繋がっているだろう

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022102815j:image

ぶっちゃけ見た目で少し心配になる細さ

最近食事の水準が上がり太ってきたので耐荷重が心配ではあるが、申し分ない120kg

 

布とメッシュの張り材
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104014j:image

夏秋は涼しげで良いが冬春は寒そう

この切れ目って無い方良くないか?なんか裂けないか心配になる

あとこれ火の粉飛んできたら1発で穴空くな笑

 

ミーハーが欲しがるブランドタグ
f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104055j:image

ブランドロゴよりこの生地のコヨーテタンの色がアーミーで良いのよ色が

f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104142j:image

爺のうんこカラー渋いぜ!

 

 

とまぁ素人目線でまとめたが、

ぶっちゃけスタイルの好みによるだろうなコレf:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022104642j:image

なぜか椅子だけ増えていく笑…が、

これ以上増やさないエコで費用の節約の為にも一旦良いの買ってこれで椅子の買い物は終わりにします

行き着いた先がたまたまヘリノックスのグランドチェアに落ち着いたし尻も着いた

ただ、それだけである

 

まとめ

他にも色々ペグハンマーとか色々買わなあかん(あんま道具は増やしたくはない)のに、たまたまタイミング的に良かったから買った椅子。

キャンプは座っている時間が長いのでより費用対効果を考えたら、

長時間密接に体と触れ合うキャンプギアには金を掛けるべきだと私の判断に至りました。

椅子もそう女もそう、体の相性は大事です。f:id:ZUTTO-NEET-OJISAN:20211022124135j:image

 

決して妥協せず自分に誠実になれ

 

私が選んだホンモノはここにありました

 

 

 

ではまた